パールホワイトの使い方

パールホワイトは歯の表面の汚れを落とすだけではなくて、歯茎の汚れなど口の中の雑菌までもをしっかりと除菌してくれる歯磨きジェルでもあります。薬用ジェルなだけに高い効果が期待できる歯磨きジェルではないでしょうか。

ですがどんな方法で使っても高い効果を実感できるという事ではありません。やはりしっかりと正しい使い方をしなければホワイトニング効果を確実に実感するのは難しいかもしれませんよね。そこでパールホワイトの効果的な使い方をお教えしましょう。


1.パールホワイトはどうやって使うのか?

パールホワイトを使う時には特別に何かを用意しなくてはならないという事はありませんが、まずブラッシングをする前にはしっかりとうがいなどをして大まかな汚れを落としてから始めます。


2.適量を歯ブラシにつけてブラッシング

使い方はとっても簡単!まずパールホワイトを1、2滴ほど歯ブラシにつけましょう。そして強くこすらずに角から角までをしっかりと磨いていきましょう。決して強くこする必要はありません。歯茎や歯を傷めてしまいますからね。


3.鏡でチェックをしながら汚れを落としていく

泡は全くたちません。歯磨き粉に泡立ちは本当は必要無いのです。汚れをチェックしながら丁寧にやさしぶブラッシングをしていきます。パールホワイトを使ってブラッシングをする時の注意としては、色が落ちてくるのを確認しながらブラッシングをするという事です。


4.最低でも5分はブラッシングをする事!

パールホワイトの使い方で一般的な歯磨き粉とは違う事と言ったらやはり時間をかけるという事ではないでしょうか。最低でも5分以上は優しくブラッシングをして歯の表面についた汚れだけではなく歯の内部や歯茎の汚れも落とせるようにします。

そうするとパールホワイトの漂白効果をより確実に発揮する事ができるという事になるのです。もちろん普段通りの歯磨きの使い方をしても効果は実感できるかもしれません。ですがしっかりと確実にその効果を実感したいのならば、パールホワイトの使い方の基礎をしっかりと学んでから使った方が良いですね。


5.最後はきっちりと口をゆすぎましょう

口の中の汚れをしっかりと落とした後は、しっかりとゆすいで口の中をさっぱり清潔に保ちます。雑菌を取り除いてくれているので口臭などの気になる部分にも効いてくれます。

いかがでしたか?パールホワイトの使い方は簡単だと思われたのではないでしょうか。もちろんより効果の高い使い方もあるかもしれません。ですが今回ご説明した使い方が一番スタンダードな使い方です。

より確実にホワイトニング効果を実感できる方法なので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ