歯科でホワイトニングするメリット・デメリット

歯の色がどうしても気になる。昔なら我慢するしかありませんでしたが、最近ではホワイトニングという方法で歯を白くできるので、ホワイトニングをやってみたいと希望する方が増えているのだそうですね。

ですがどこでホワイトニングをすればいいのかがわからない。だったら一番簡単に歯科でホワイトニングをしてみたらどうだろうかと考える方が多くては不思議ではありませんよね。でも歯科でホワイトニングをするメリットとデメリットも考えなくてはなりません。


1.歯科でホワイトニングをするメリットとは?

歯科でホワイトニングをする最大のメリットは、歯がどんな状態なのかなどを最初の段階でしっかりとチェックする事ができるのがメリットですね。もしも虫歯や細かな傷などが入っていたとしても治療をする事ができます。

しっかりと歯石や歯垢なども除去してからホワイトニングをする事ができるという意味では歯科にかなうところは無いのではないでしょうか。また歯科でホワイトニングをするとアフターケアなどもしっかりと受ける事ができます。

定期的な歯科検診を受ける事ができるので、歯だけではなく口の中の健康にも十分気を配る事ができます。これが歯科でホワイトニングを受けるメリットだと言えます。


2.歯科でホワイトニングをするデメリットとは?

歯科でホワイトニングをするメリットがあるように、当然ですがデメリットも存在しています。歯科でのホワイトニングの最大のデメリットは保険が効かないという事でしょう。

審美目的の治療には日本では保険は適用されないという法律になっています。当然保険が効かないので費用は高くなってしまうという事になります。

1回のホワイトニングでだいたい13,000円~15,000円程度はかかると思った方が良いでしょう。歯科でホワイトニングをするのだから一回で大丈夫だろうと思われるかもしれませんが、実際には数回受けないとなりません。そんなに簡単ではないのです。

また、歯科でのホワイトニングというのは薬を使って歯を白くします。その薬が染みるというのもデメリットの一つではないでしょうか。実はこれ健康な歯の持ち主でも染みるのだそうです。

美しくなるためには我慢も必要なのかもしれませんが、この痛みを何回も経験する事は精神的にも肉体的にも意外と苦痛で、これも歯科ホワイトニングのデメリットだと言えるのかもしれません。

いかがでしたか?歯科でホワイトニングをするメリットとデメリットについてある程度ご理解できたでしょうか。どんなものにもメリットと同じだけデメリットがあるものです。よく考えて納得した上でホワイトニングを受けるといいですね。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ