歯科でのホワイトニングに保険は効くのか?

歯科医でホワイトニングをしたら高い。そんなイメージがあるのは仕方がありませんよね。だって歯科でホワイトニングをする時というのは保険が効かないからなのです。

この話を聞くと「え?」保険効くのかと思ったと答える人が意外と多い事に驚きますが、どうしてホワイトニングには保険が適用とならないのか不思議ですよね。その理由を調べてみました。


1.どうして歯科でホワイトニングをする時保険が効かないのか?

歯のホワイトニングをするというのはあくまでも審美が目的ですよね。審美というのは美容整形などと同じでする必要が無いのにするというものですよね。一般的にそういう審美目的での医療行為には保険が適用されない事が多いのです。

ですが実際には神経が死んでしまった場合のホワイトニングというのは保険が適用だったらしいですよね。歯の神経というのはとても弱いもののようで、強くぶつけたり事故などによってぶつけたりする事で死んでしまう事があります。


2.神経が死んてしまったらなぜホワイトニングが必要なのか?

神経が死んでしまうと歯が茶色っぽく変色してしまうのです。それを他の歯の色と同じようにするためにホワイトニングをする事ができたのです。この時以前は保険が適用だったのですね。ところが法改正によって今は全く保険が効かないようになってしまったわけです。


3.ホワイトニングは保険が効かないから高い

ホワイトニングをする時には治療をしてから行わないとならず、最初からすぐにホワイトニングを始められるわけではありません。その分やはり高くなってしまうものなのですね。

治療をしておかないでホワイトニングをすると、かなり薬剤が染みてしまう事になります。諸々の事を考えるとやっぱりホワイトニングをするのは高くなってしまう事になるわけですね。


4.歯科でホワイトニングをしたらどのくらいかかるのか?

一般的に歯科でホワイトニングをしても一度で歯が真っ白になるのかというとそうではなく、実際には何回かしないといけなかったりもします。それだけで済めばいいですがその後のアフターケアもしっかりとしなくてはなりません。

1回の平均が15000円くらいかかります。2回め以降はやはり平均すると13000円程度かかりますので、それかける事の必要なだけの回数という事になります。アフターケアの分まで考えるとかなりの金額を覚悟した方が良いというわけです。

いかがだったでしょうか。歯科でホワイトニングをするのも意外と大変だという事がわかっていただけたのではないでしょうか。保険が効かない分やっぱり高くなってしまうものなのですよね。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ