歯をクリーニングするにはどうすればいいのか?

自分の歯の色気になりませんか?毎日しっかりと磨いていてもいつの間にか歯が茶色っぽく見える事ってありますよね。それは色素が長年かけて着色されてしまったからだと言われていますが、ついた色を取る事もできるんです。

それは歯をクリーニングするという言い方をします。歯をクリーニングするという事はどういう事なのかというと、歯についた汚れをしっかりと落として歯の本来の白さを取り戻すという事が歯のクリーニングという事です。


1.歯に色がつくのはどうしてなのか?

歯が黄ばんだりしてしまう原因は、長年食べたり飲んだりしたものが原因であったり、タバコを喫煙する方であればタバコのヤニが原因である事は明白な事実ですよね。これが長年かけて歯を黄色くしてしまう原因なのです。


2.歯のクリーニングはどうやって行うのか?

そこで歯をクリーニングしてあげるという事になるのですが、歯のクリーニングといってもどうやるのかがわからなければ意味がありませんよね。ですが簡単に説明すると歯についた汚れを落とす事がクリーニングという事になります。

歯のクリーニングは一般的には歯科医などで行います。まずあ歯の汚れをキレイに除去することから始まるのですが、歯科医では超音波や高圧エアなどを使って汚れを落とし、次に荒い粒子の歯磨き粉を使ってついてしまった色素を取り除いていきます。

徐々に決めの細かい粒子の歯磨き粉を使ってキレイに歯を整えていき、最後には仕上げの研磨を行いつやだしをし、表面にコーティングをして終わりです。


3.歯のクリーニングにはこのくらいの費用がかかる

歯科医でこの一連のクリーニングを行った場合、相当な手間がかかっているのは見て取れますよね。当然ですが費用の方もかかると思ってください。最も簡単なコースで4000円くらいかかります。安いと思うかもしれませんが効果に納得するかはわかりません。

最高で10万円くらいのコースまでありますので、予算に合わせたクリーニングをしてみてくださいね。


4.歯のクリーニングは自宅でもできます

もっと費用を安く抑えたいのならば自宅でホワイトニングをする事をお薦めいたします。自宅でできるホワイトニングならば毎日使う歯磨き粉を取り替えるだけでいいのですから簡単ですよね。しかも格安でクリーニング効果を実感できるのです。

誰にだってできるので値段の事を考えずに行う事ができます。しかも予防もできるし除去をする事もできるのです。もちろん一度歯科医でクリーニングをしてもらってから毎日自分で歯の手入れをするのもお薦めです。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ