ホワイトニングを自宅でする時にタバコは大丈夫か

白い歯になりたいと思うのなら、まずはステインのつきやすいものは全てやめた方が良いのですが、そうはいかないものなので、だったらステインを取ってしまえば良いという考えになるのはむしろ当然の事かもしれません。

ところでホワイトニングは自宅で行う時代になりましたが、自宅でホワイトニングを行う時にはいくつかの注意点があるのをご存知でしょうか。例えばホワイトニングをしている期間というのはステインがつきやすい期間でもあります。

そんな時にステインがつきやすいものを飲んだり食べたりするのはあまり感心できる事ではないと言われているのです。


1.ホワイトニング中タバコはどうなのか?

ステインがつくつかないも重要な事なのですが、問題なのはタバコではないでしょうか。タバコはステインとは違いますが「ヤニ」が歯についてしまうため、歯が黄ばんで見えてしまうわけです。それに臭いも気になりますよね。

実はホワイトニング中にタバコなどの色がつく成分が含まれているものはあまり良いとは言えないので、できる事なら禁煙をしたりすると良いのではないでしょうか。ただし歯科医でホワイトニングをしている時にはです。

通常自宅でホワイトニングをしている場合には、タバコのヤニもしっかりと落とすことができるので、それほど神経質になる事はないのではないでしょうか。実際にタバコを吸っている方であっても自宅でのホワイトニングによって、黄ばみや臭いがなくなったという方はたくさんおられます。


2.ホワイトニングでタバコのヤニは除去できます

自宅ホワイトニングだとタバコなどのヤニは無理じゃないのか?と考えられがちですが、実際にはタバコを吸っていたとしてもヤニを除去する事が可能です。ホワイトニングは歯についてしまった汚れなどを浮かして取る働きを持っています。

なので歯磨きの時の方法さえ間違った方法でやらなければ、しっかりとキレイに除去する事ができるようになっているのです。ただいくらホワイトニングをしていてもヤニがしょっちゅうつくのでは大変そうですよね。

なのでもしも歯を白くしたいと考えているのであれば、しばらくは禁煙をしてみるのも良いかもしれませんし、よりヤニなどの汚れを落としてくれる人気の高いホワイトニング製品を使ってみると良いでしょう。

最近では自宅でホワイトニングをする方が増えているので、かなり優秀なホワイトニング製品が販売されているので、特に人気の高いものを使ってみると良いでしょう。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ