自宅ホワイトニング剤の正しい使い方

自宅でホワイトニングをする時にはどんな事に注意したらいいのかおわかりになりますか?実は自宅でホワイトニングをするというのは個人差が出やすいものでもあるため、効果の実感も意外とバラバラである事が多いのです。

そこでできるだけ平均的な効果が出るようなホワイトニング剤の選び方と、より効果的にホワイトニングができる使い方についてを少し勉強してみましょう。


ホワイトニング剤はどれがいいのか?

まずはホワイトニング剤を選ぶところから始めてみましょう。歯科医でのホワイトニングは除外して考えます。というのも歯科医でのホワイトニングというのは自宅で行うと続かないというデメリットがあるのでこの際除外させていただきます。

一般的なホワイトニング剤を選ぶ時には口コミなどをしっかりとチェックした方がいいですね。その方が確実に自分にピッタリの効果が高いホワイトニング剤を見つける事ができるからです。そのためにはホワイトニング剤にはどんなものがあるのかを知りましょう。


1.ホワイトニング剤(ペーストタイプ)

恐らくこのタイプの方がわかりやすいし使い勝手が良いと思われるのではないでしょうか。いわゆるチューブに入ったタイプのホワイトニング剤ですね。アパタイトとかアパデントなどといった名前の製品が多いですよね。

ですがこのタイプは研磨剤が入っているので歯の表面を傷つけてしまう可能性があります。できたらホワイトニング剤を選ぶ時には研磨剤が入っていないものを選ぶべきでしょう。使い方はこれまでの歯磨き粉と同じ使い方で大丈夫です。


2.ホワイトニング剤(ジェルタイプ)

今ホワイトニング剤と言ったらこのジェルタイプが主流です。研磨剤が入っていませんしほぼ無味無臭なのでちょっとたよりないと感じるかもしれませんが、コーティングもしっかりとしてくれるのでこちらのタイプもお勧めできます。

ただし普通のペースト状の歯磨き粉とは使い方がちょっと違います。水をつけてブラッシングをしないようにしましょう。そうしないと効果を発揮する事が難しくなってしまうからです。使い方の書かれた説明書きをしっかりと読んで使うといいですね。

いずれのホワイトニング剤を使うにしても正しい使い方をしなくてはなりません。できるだけ歯をゴシゴシとこすらないようにするのも一つの方法です。ゴシゴシとブラッシングをしても汚れも着色も落ちてはくれません。

今のホワイトニング剤は力技を使う必要が無いようにできているのです。後はできるだけずっと続ける事も重要なポイントです。ご自分が続けやすいものでホワイトニングをしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ