自宅でできるホワイトニングの種類

鏡でじっくりと見てみると自分の歯の色って気になりませんか?本当ならば真っ白い歯でいたいものですが、生きている内についてしまった色の数々はそう簡単に消す事ができないのが現実なのです。

でも最近ではホワイトニングという方法がありますよね。一般的には歯科医でホワイトニングを受けるのが多いと言われていますが、できたら自宅でホワイトニングをしたいものです。そこで自宅でできるホワイトニングの種類をいくつかご紹介してみましょう。


自宅でどんなホワイトニングができるのか?


1.歯科医でホームホワイトニングをお願いする

やっぱりホワイトニングをするのなら歯科医でしょ!と思われる方はこちらの方法でホワイトニングをしてみてはいかがでしょうか。ホームホワイトニングというのは歯科医で自分専用のマウスピースを作ってもらい、希望する色になる薬剤を調合してもらって自宅でホワイトニングを行うというものです。

ただし落とし穴があるので注意すべきです。歯科医での薬剤を使ってのホワイトニングは痛みを伴いますし面倒臭いというのがあります。歯にしみる痛さは歯科医では我慢できても自宅では我慢ができないものです。なので続かないというデメリットがあるので要注意です。

しかも歯科医でホームホワイトニングをするとかなり高いです。最初のマウスピースを造るまでに最低でも5万円程度はかかると思った方が良いでしょう。かなり勇気がいるホワイトニングですよね。歯科医とよく相談をしてから始めた方が良さそうです。


2.ホワイトニングジェルを使ってホワイトニングをする

最も簡単な自宅でのホワイトニングと言ったらこの方法なのではないでしょうか。ホームホワイトニングとは違って痛みはありません。もちろん虫歯や知覚過敏になっている場合には痛みを感じるでしょうが、健康な状態であれば痛みを感じる事はありません。

それにホワイトニングジェルは種類がとても豊富です。ジェルタイプのものも種類が多いですが、一般的に販売されているペースト状のものも種類が豊富で、自分の好みに合わせて買う事ができるのも嬉しいですよね。

自宅でホワイトニングをする時には大きくわけるとこの2種類の方法があります。なので自分にぴったりの方法でホワイトニングをすると良いですね。数あるホワイトニングジェルやペーストの種類から自分にピッタリのものを探す楽しみもあります。

いかがだったでしょうか。自宅でできるホワイトニングの種類は意外と選択肢が少ないと思われたかもしれませんね。ですが奥が深いのも事実!続ける事ができる方法で行ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ