ホワイトニングを自宅でする時にかかる時間

自宅でホワイトニングをするのがとても人気です。もちろん歯科医でホワイトニングをする方もいるかもしれませんが、最近では市販品でもかなり優秀な効果を実感できるものもあるので、歯の白さを取り戻したい方は始めてみると良いかもしれません。

ところでホワイトニングを自宅で行う場合にかかる時間ですが、歯科医でやっている自宅ホワイトニングとどこがどんな風に違うのでしょうか。

その違いについてを少し調べてみるとその違いがハッキリとわかります。


1.市販品でホワイトニングをする場合の時間

市販品にはジェルタイプのものもあれば歯磨き粉タイプのものもあります。どれが良いのかはご自分で確かめてみるのが一番なのですが、市販品でホワイトニングをする場合には、それほど時間がかかるものはありません。

なぜかというと市販品のホワイトニングの場合は、たいていは歯磨きと同じ事をするだけでホワイトニング効果を得られるため、歯科医で行う自宅用のホワイトニングのように、マウスピースの歯のくぼみ一つ一つに薬剤を塗る事はありません。

しかも歯科医による自宅ホワイトニングの場合は、そのマウスピースを口に入れて2時間以上はその状態でいなくてはならず、その間誰とも話す事もできませんし自宅でもなければ行う事ができません。

ところが市販品の場合はそうではありません。会社にも持っていく事が可能ですし自宅で好きな時間にホワイトニングをしても大丈夫です。無駄な時間をかける必要はどこにもなく、誰にでも簡単に行う事ができるのです。


2.たっぷり時間をかけてもせいぜい10分くらい

市販品で自宅でホワイトニングを行う場合に使う時間といえば、歯磨きをする時間のみしかかかりませんから、せいぜい3分~5分くらいなのではないでしょうか。よりキレイに丁寧にしたとしても10分もかけてブラッシングをすれば効果は実感できる事でしょう。

つまり市販品でホワイトニングを自宅で行う場合には、朝となく昼となく夜となく自由な時間にホワイトニングをする事ができ、さらには短時間でホワイトニングができるという事になるのです。

それだけではなく費用の方も歯科医で行うホワイトニングに比べたら、かなり格安でできるのです。

いかがでしたでしょうか。自宅でホワイトニングを行う時には時間を選ばないという事と、ホワイトニングにかかる時間もそれほど多くはかからず、何も特別な事は必要ないという事がご理解いただけたのではないでしょうか。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ