飲み物による着色はホワイトニング剤で綺麗になるのか?

歯の色はどうして着くのでしょうか。正直毎日しっかりと磨いているので歯に色が着くなんてかなり屈辱的だと感じている方も多いかもしれませんよね。実は多くの場合は歯磨きに問題があるのではありません。

それに一般的にはタバコを吸っていないのに歯が茶色くなったり黄ばんで見えたりするのがなぞだと感じている人も多いみたいですが、実は歯の着色というのはタバコだけではないのです。


1.歯の着色の原因は一体何か?

皆さんが想像されているのはチョコレートとかタバコとかワインに紅茶といったいわゆるステインというものが含まれている食べ物を食べたら着色すると思われているかもしれませんよね。ですが実際にはそうではなく飲み物による着色が原因である事が多いのです。

なぜかというと飲み物による着色は随時起こる可能性があるからです。食事というのはだいたい皆さん食べる時間が決まっているものですよね。ですが飲み物というのはのどが渇いたら飲みます。

つまり食事の回数よりも飲み物を飲む回数の方が断然多いという事になるのです。1日に何回飲み物を飲むかは個人差ですが、飲み物による着色は飲むたびに起こるものなのです。


2.飲み物によるチェク色をホワイトニング剤で除去できる?

恐らく普通の歯磨き粉では飲み物による着色を防ぐ事はできません。ですがホワイトニング剤であれば飲み物による着色をキレイにしてくれる事はできるでしょう。その根拠はコーティングです。

一般的な歯磨き粉の場合は磨いた時には汚れを落としてくれるのですが、磨いた後の事は考えて作られてはいません。つまり普通の歯磨き粉を使っている場合は飲み物による着色を落とすためにはその度に歯磨きをしなくてはならないのです。

ところがホワイトニング剤というのは汚れを除去するだけではなく、汚れがつかないようにコーティングをしてくれる働きもあるのです。コーティングをしている時間も結構長いですよね。

つまり長い間コーティングをしてくれるホワイトニング剤を使えば飲み物による着色を防ぐ事ができるという事になるのです。しかもコーティングの効果持続時間は結構長いですので、1日一回の歯磨きで防いでくれます。

いかがだったでしょうか。飲み物による着色というのは意外と歯を汚くしている原因だったという事がご理解いただけたのではないでしょうか。そしてホワイトニング剤を使う事で防ぐ事ができるという事もご理解いただけたのではないかと思います。

迷っている暇はありません。今すぐにでもホワイトニング効果のある製品を試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ